ライトとライ子の大航海日誌〜のり塩〜

大航海時代オンラインZephyros鯖で
どうにかこうにか生きている
ライトとライ子の兄妹による航海日記
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
←ランキング順位アップにご協力ください

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | -
プロフィールのところにある我が家のワンコ。
黒がノエルで茶が利休という名前なんですが。
その利休の方。
「利休〜降参!」って言うと
上半身だけ仰向けになり下半身はそのままという
とても器用なワザを披露してくれます。
えっと・・・「心までは屈しないぜ!」というアピールですか?

こんにちわ。ライト・フィリップスです。m(_ _)m




ある日の夜。
ライトはめずらしく真面目にジェノバスクールをしていた。
商会員のメスロンさんに手伝ってもらいながら
何度目かの周回の後ジェノバに寄港し
酒場へ向かうライトの目にある人物の姿が飛び込んできた。



あ・・・あなた様は!


そうです。
かの有名な眠りの森のお姫様です。



寝てるのかなw 話かけてみようかな。と思い
ドキドキしながら近づいて行くと・・・。


neige>こんばんわ〜^^
ライト・F>こんばんわ^^
メスロン>こんばんわ



起きてらっしゃいました><
起きてらっしゃいました^^


そして少し会話をした後
neigeさんがこんなことを仰いました。


neige>後ろ向いて〜^^
メスロン>こう?
neige>うんうん^^
neige>おそろい><b

メスロン>あ
メスロン>><b

neige>^^
neige>ライトさんも
neige>六分儀がかわいくていいよ〜^^


この時ライトはあることを思い出したのである。

それは数日前のチュニスでのこと・・・・
メスロンさんが言ったある一言だった。




これは検証しなくては!!!

neigeさんに話かけても返事が来ないという状態でもあったため
さっそくライトは検証のために六分儀を探しに
リスボン商館ショップへと急ぐのであった。



リスボンへと到着しバザーや商館ショップで六分儀を探すライト

ない・・・ない・・・
ここは?・・・・ない
じゃあここ・・・・・・・ない

・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







気づいたら寝てましたo><o



恐るべし六分儀の魔力。

さがしてるだけでも眠くなるのです!!


こうして今回の検証は
六分儀の底知れない魔力を垣間見ただけで終わってしまったのである。



不眠でお悩みなら六分儀







おまけ





あれ? デジャブ?






←寝ちゃう前にクリック
permalink | comments(6) | trackbacks(0)
槍が降ってると「イタタタタ!」って感じですよね^^
まぁ、振るわけないんですけどね。
こんばんわ。ライト・フィリップスです。m(_ _)m




その日ライトはいつものように
サルミエント商会のお屋敷でプレゼンに来る航海者を待っていた。

すると




1人の航海者が現れた






すると彼女は、こんなことをプレゼンしてきたのである。


べルナデット>リスボンの不思議 ̄宙人のはしご
べルナデット>不思議∧物通り
べルナデット>不思議お祈りの木
べルナデット>不思議ぅリストの顔が浮かび上がる奇跡の顔
べルナデット>もっともっとあるんだけど
べルナデット>まずそれをお見せしましょう



なにやらすごいムー的情報の持ち主のようだ。


べルナデット>ではまず
べルナデット>工房職人のところにいきます!



そうして彼女は私をリスボン工房横にまで案内してくれた。
そこで見たものとは!!



リスボンの不思議 ̄宙人のはしご

「宇宙人のはしご」・・・
なにやら聞いただけでブルブルと体が震える。
私は恐怖と期待が入り混じった感情で彼女へと説明を求めた。


べルナデット>ライトさん この梯子みてなにか感じませんか?
べルナデット>周囲のどこを見渡しても
べルナデット>この梯子を使う高さのところがないのです!
べルナデット>何!この中途半端な高さ!
べルナデット>これでどこに登ろうというの?!
べルナデット>ほら 右手側のあの窓
べルナデット>あれに登るにしては短すぎるのです
べルナデット>つまりこの梯子は
べルナデット>宇宙人のヒミツ道具なの


!!!!!!!
驚愕の瞬間である。
確かに彼女の言うとおり周囲には
いや、それどころかリスボン全体を見渡しても
このはしごがジャストフィットする場所は見当たらない(ような気がする)
やはりこれは宇宙人の秘密道具だと言うのか!!?

だが、私はここでひとつの説にたどり着いた。



ライト・F>だがちょっとまってほしい
べルナデット>?!
ライト・F>ひょっとしてこれ
べルナデット>ライト捜査官?!
ライト・F>地面に少し刺さってるんじゃないだろうか?
べルナデット>あ!
べルナデット>宇宙人が埋めたのかな

ライト・F>その可能性が大きい
ライト・F>宇宙人の梯子実験だっ

べルナデット>やっぱり・・・
べルナデット>宇宙人しか上れない梯子なんですね・・・

ライト・F>うむ
ライト・F>オスロしいことだ



こうして一つの謎は解けた。
しかし更なるムー的なものが我々を待っていたのである!




リスボンの不思議◆(物通り


べルナデット>こちらです
べルナデット>名づけて宝物通り
べルナデット>ここは宇宙人が宝物を廃棄するとおりなの
べルナデット>探索すると宝物がわんさかでてくるよ


なんということだ・・・
宇宙人はすでに我々の近くまで来ていたのである。
しかも落し物までして地球の環境破壊まで!!


べルナデット>ライト捜査官 探索はもってる?
べルナデット>いい?
べルナデット>はずかしさをすててね!


愚問である。
恥ずかしさなど1月8日くらいにカリカットで捨ててきている。





そうして探索すること数分

べルナデット>きたこれ
べルナデット>フォアローヤルステイスル!


ライト・F>オーパーツじゃないか!!

そんな感じでベルナデット捜査官は次々とオーパーツを発見するも
なぜか私には見つからないのであった・・・。
しかし!その理由は後ほど明らかとなったのである!
その理由とは!!!



ライト・F>はは〜ん・・・あれだ
ライト・F>所持品50だったから
ライト・F>いくら探索してもダメだったんだな。これ


実にムー的である!!!
こんな罠まで巧妙にしかけられていたのである。
魔の都市リスボン・・・・オスロしい場所である。


さて、続いて彼女が案内してくれた場所は以外にも宝物通りのすぐ側であった。




リスボンの不思議キリストの顔が浮かび上がる奇跡の顔


そのとい入れ替わってるとか気にしてはいけない。
てゆーか、それも実にムー的なことである。



べルナデット>「キリストの顔」
べルナデット>これはE鯖のシェリーちゃんが教えてくれたの
べルナデット>この壁の模様をじーーっとみるのです
べルナデット>赤い十字架が
べルナデット>上の部分に見えるでしょう!
べルナデット>でね、その下が顔なの




うむ・・・見えなくもない・・・ような気がする。

べルナデット>信仰心が厚い人には見えるのです

大丈夫。バッチリと見えた。見えないわけがない。


そして彼女が最後に案内してくれた場所は・・・


リスボンの不思議い祈りの木


べルナデット>ここはね
べルナデット>「お祈りの木」と呼ばれています
べルナデット>この木の前でひざまづいて^^
べルナデット>なぜか不思議なんだけどね
べルナデット>この木にお祈りすると
べルナデット>お願い事がかなうの
べルナデット>今まで全部かなったんだよ^^



なにやら荘厳な空気が私に流れ込んできた。(ような気がする)
自然の神秘・・・・そう、生命の神秘である。
きっとある意味純粋な心を持つ彼女のマナがこの木に流れ込み
そしてなんかいろいろとムー的なアレで願いが叶ったのだろう。




こうして私と彼女のリスボンのムー的名所巡りは幕を閉じた。
中には恐怖を感じるものもあった。
しかし! みんなもぜひプレゼンしていただきたい。
一緒にムー的な出来事を解明しようではないか。










おまけ


不思議チえるベルナデット



一番ムー的な存在






←ムー的なボタン
permalink | comments(5) | trackbacks(0)
明日のクリスマスイブ
DOL内でライトを見かけたら
クリスマスの話題は優しくスルーして下さい。
こんばんわ。ライト・フィリップスです。m(_ _)m



E鯖のアパ改装。あと400ほどで終わります。
そしたらまた毎日(できるだけ)E鯖にINしますよ〜!

そんなわけでまたまたZ鯖のお話です。



本日INしたらベルナデットさんがいらっしゃいました。
そういえばZ鯖リスボンの俺カコ商会で
アッシュさん以外に会うの初めてかも。

べルナデット>!
べルナデット>商会に人がいる!

ライト・F>こんにちわ〜
べルナデット>こんにちわ^^
ライト・F>なんと!
べルナデット>ナント!
ライト・F>ナントワープ!
べルナデット>ライトさんすごくレベルが育ってる^^
ライト・F>ふふふ
べルナデット>えっと
べルナデット>私今オポルトなのですけれど
べルナデット>もしリスボン来られるのでしたら 
       ちょっとお渡ししたいものがあるのです



そんなわけでリスボンへと向かいました。



べルナデット>ほんものだー^^
べルナデット>オホン

ライト・F>それはこっちのせりふ・・・
ライト・F>ほんものだ〜〜〜

べルナデット>えーとクリスマスプレゼントを兼ねた、
       オレカコ商会入会特典キットです


そしてベルさんは・・・・

べルナデット>わたし伝説の仮面持ってるの
べルナデット>それをあげましょう

ライト・F>!?
ライト・F>伝説の品をいただけるんですか!?

べルナデット>ウン
べルナデット>私も譲り受けたものなの
べルナデット>えっと商品説明をします

ライト・F>はい
べルナデット>その生物ブーストは海賊のほうのベルナデットが収奪した一品です
ライト・F>おおおおおおお@@
べルナデット>ブーストをとられてクエが進まなくなったであろう
       冒険者の涙と恨みと血がこびりついています

ライト・F>なんて恐ろしい・・・(((( ;゚д゚)))


しかし、真の恐怖はその後の品だったのです。



べルナデット>そしてそのビンゴボンゴなのですが、
       これはとある方から譲り受けたのです
べルナデット>その仮面をつけてからというもの、その持ち主の方は
べルナデット>一日に何度もPKに襲われたり、延々とふっかけしっぱいしたりと
べルナデット>不思議な出来事が続いたそうです

ライト・F>すごい逸品
べルナデット>PKに襲われないと泣いていた私に押し付けてくれたの
ライト・F>そんな良い物をもらっても?
べルナデット>うん^^




そんなわけで世にも恐ろしい
呪いの仮面をいただいてしまったのです・・・。




呪いの仮面の魔力は強烈でした・・・・。
その仮面を着用してからというもの





迷子になるし



NPCに襲われるし



待ってくれないし



負けるし・・・



座礁するし


あまりの魔力にベルさんからこんな提案が



べルナデット>カナリア沖ウロウロして
べルナデット>検証してみるなんてどう?^^

ライト・F>( ・∀・)!
ライト・F>なんて・・・楽しそうな・・・・
ライト・F>もとい

べルナデット>アピコメを「PK大嫌い」にかえて
ライト・F>危険な
べルナデット>ラスパの小島の周辺をウロウロずーっとしてみるの
ライト・F>ひぃぃぃぃぃ( ・∀・)
べルナデット>もちろん仮面をつけて^^
ライト・F>逝ってきますw




べルナデット>えー?^^
べルナデット>ほんとうにいくの?^^
べルナデット>えー
べルナデット>まってまって^^
べルナデット>そしたら商会長として私もいくの^^
べルナデット>そんな楽しそうな・・・ウウ
べルナデット>ライトさんが心配なのー><
べルナデット>まってー><
べルナデット>わーい^^
べルナデット>出港所前でまってます!
べルナデット>別に楽しみとかじゃなくて
べルナデット>ライトさんが心配だからいくんだからね!”#$
べルナデット>勘違いしないでよね!”#$



ものすごい楽しそうに見えるのは
きっと気のせいですよね?^^





検証のためにメイン帆も装備しちゃいます



べルナデット>いた!
ライト・F>( ・∀・)

べルナデット>きゃーーーー
ライト・F>きゃーーーーーー
ブラッディの強襲です!
べルナデット>いやああああ
ブラッディが回避スキルを発動しました
ライト・F>こわい〜〜〜〜〜
ブラッディ>^w^
べルナデット>たすけてぇええええ
べルナデット>あーれー
ライト・F>ずるい!
べルナデット>うふふ(*´v`)
ブラッディにより、べルナデットが拿捕されました!
ブラッディに敗北しました…
ライト・F>こっちメイン帆!!
ブラッディが外科医術スキルを発動しました
この海域で海賊被害が発生しています!

ライト・F>あぅ・・・・



さすがに「PKされたいよ日記」の著者の実力
見せ場を思いきり持っていかれました。




呪いの仮面恐るべし。
午後6時なのに海賊に会うなんて!



その後、海賊のブラッディさんに曳航していただきラスパルマスに寄港します。




記念撮影していただいて



ブラッディさんの枝毛を発見したついでに
おしりのアザを見つけられ




呪いの仮面の魔力はすごいね〜と
お話しながらリスボンに戻ったのでした。



この恐怖の仮面。
明日はあなたの手に渡るかもしれませんよ・・・・。








おまけ

















← 怖いと思ったらクリック
permalink | comments(4) | trackbacks(0)