ライトとライ子の大航海日誌〜のり塩〜

大航海時代オンラインZephyros鯖で
どうにかこうにか生きている
ライトとライ子の兄妹による航海日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Interview with the Vampire*prev
死神現る >>*next
←ランキング順位アップにご協力ください

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink | - | -
以前からSS撮り忘れのクセがあったライトですが
最近特にひどくなってきてます。
せっかく楽しい遠出したりしても
あとで「あー!SS1枚も撮ってない;;」
ということが多々あります。というか毎回になってきてます。
そんなわけでせっかくのあんなことやこんなことが記事にできない!
こんばんわ。可哀相なライト・フィリップスです。m(_ _)m






とゆーアレで。
今日は君たちにムー的冒険者の父ライト・Fが
色々UMAとかオーパーツを教えてあげようと思う!

特にマニアックなのをチョイスするので
途中「うわぁ・・・むり」とか言わないで
ついてくるように!





では、まずはオーパーツからいこう。


オーパーツ偏その
【恐竜土偶】








1945年7月にメキシコ北部のアカンバロで大量に発掘された。
調査の結果、紀元前2500年ほど前に製作されたことが判った。
恐竜が絶滅したのは約6500万年前とされていて
人類が誕生したのが約400万年前だと現在では考えられているが
もしも、この恐竜土偶が本当ならば
人間と恐竜が少なくとも紀元前2500年前までは
共存していたことになるのである。


土の中に埋もれていたにも関わらず
土偶の表面に土中塩分が付着していないことや
土偶のデザインが恐竜だけでなく
象と人間を合わせたような
わけの解らない物も混じっていることから
捏造説の絶えないステキなオーパーツなのである!



オーパーツ偏その
【聖徳太子の地球儀】




兵庫県、揖保郡の斑鳩寺(いかるがてら)に伝わる
聖徳太子が作ったとされる地球儀である。
この地球儀には日本、ユーラシア、アフリカ
南北アメリカ大陸が刻まれており
なんと、南極大陸まで刻まれているのである。


この地球儀は、江戸時代にはすでに存在が確認されており
当時はまだ南極大陸は発見されていなかったのである。
さらにステキなことに、この地球儀には
なんとムー大陸までもが刻まれているのである!
最近では江戸時代に作られたものではないかと言われているが
それでも南極大陸やムー大陸を刻んだこの地球儀が
ステキなオーパーツであることに変りはないのである。




それでは続いてUMA偏をどうぞ!

UMA編その
【シーサーペント】




シーサーペントとは蛇に似た巨大な海洋生物であり
大昔から船乗りの間で目撃情報の絶えない有名なUMAである。
その目撃例は、古くは紀元前にまでさかのぼり
ギリシャ神話にも登場する。
上の画像は1848年、8月6日に東インド諸島に向けて航海中の
イギリス軍艦「ディーダラス号」が
シーサーペントに遭遇したものである。
怪物は体長20mくらいで、20分間に渡り船の近くにいたそうだ。
この船の艦長「ピーター・マクヒー」は
シーサーペントの実在を名誉にかけて誓ったほどである。
シーサーペント目撃事件の中で最も有名なものである。




そしてこの写真。
1964年12月12日に
オーストラリア、クイーンズランド州の沖合で
フランス人写真家の「ロベルト・セレック」が撮影したものである。
てゆうか小船に乗った人がとても心配な一枚だ。





上の写真はリュウグウノツカイという深海魚で
シーサーペントの正体とされている魚である。
稀に台風の後などに浮いてくるらしい。
体長は平均5〜6M程度で、上の写真のものは8M。
稀に10Mを超えるものもいるらしい。


だが、シーサーペントの目撃情報では40Mを超えるものもあり
未知の巨大海洋生物説も以前根強い。
みんなも船で旅をする機会があれば
目を皿のようにして海面を凝視するといいだろう!



UMA編その
【ひつじ男】




1964年8月
アメリカ・カリフォルニア州ベンチュラのアリソン渓谷で
ハイキングに来ていた少年達が目撃したUMA。
体長は約2mで頭部がヒツジそのものであり
筋肉質な体は全身灰色の体毛で覆われ
腕と爪が長く、黄緑色の目をしていたという。
また、直立二足歩行だそうである。
この事件は新聞に掲載され、その後目撃が相次いだそうである。


このヒツジ男が目撃された付近には工場があり
民間の酪農工場を装った軍の秘密化学工場ではないかと
噂されており、ヒツジ男はこの施設で
軍の遺伝子操作によって創られた
キメラ(合成生物)ではないかと考えられているのである。


なんとも怪しさ満開で
もうライトが大好きなタイプのUMAである。
なにより最初に目撃したのが少年達というのがすでに怪しい。
ライトだったら絶対「UMA見たって言おうよ!」とか
言うだろうと思う。言いだす自信がある。





と、まぁ。
今日のところはこんな感じだ。
評判がよければまたやろうと思う。

それでは、また会おう。 


3・2・1! ムー的! ムー的ぃ!



おまけ。というか間違い探しの答え




1:塔の上の人がライトになっている。
2:なんかウルトラマンがいる。
3:丸い窓みたいのが無くなってる。
4:丸い模様がビンゴボンゴだ。
5:窓が半分になっている。
6:扉がピンク色。
7:ベンチが無くなっている。



みんな分かったかな!?><b




ムー的って本当にいいものですねっ
permalink | comments(4) | trackbacks(0)
permalink | - | -
Comments:
すごいすごい!!
全部感動の嵐〜!

聖徳太子の地球儀なんて初めて知った^^

ヒツジ男が、ペットのモモちゃんに似てるのもなんかうれしい^^

ライト先生ありがとうっ

私も絶対オーパーツ見つけるのっ!
comment by: ベルナデット | 2008/05/21 11:14 PM
そうか!
ライトさんの船はオールオーパーツでできたJB船だったのね!
comment by: 味覚人飛行物体 | 2008/05/22 1:45 AM
羊”人間”では、無かったのでせうか?
何故、羊”男”だと判ったのでせうか?
彼らは、一体何を見たのでせうか!!???
comment by: Wedgewood | 2008/05/22 8:57 AM
ベルさん>
そこまで喜んでもらえると書いた甲斐がありました。^^
ベルさんならきっとステキなオーパーツ発見できるよ!

また気が向いたらこのシリーズ書こうかなと思いました^^


味さん>
何を今更・・・ふぅ
当たり前でしょう!
ライトの船はオーパーツです!


ウッドさん>
きっと立派なものがあったんだと思います!
ぎゃー下ネタ;;;;
comment by: ライト | 2008/05/23 4:25 PM
Leave a comment:









TrackBack URL:
http://dk-norisio-ol.jugem.jp/trackback/200
TrackBacks: